フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛とはどんな脱毛方法なのか?

フラッシュ脱毛とは、IPL(インテンスパルスライト)という光のエネルギーを利用した脱毛方法のことを指します。

 

IPLは、医療用のレーザー光とは異なり、距離が離れるほど拡散する特性を持った光なのです。IPLを照射する為に光にすることで、肌の表面の温度を上げず、毛根にのみ光のエネルギーを集中することで、従来の脱毛方法より肌への負担を軽減できると言われています。

 

フラッシュ脱毛施術後の注意点について

フラッシュ脱毛を行った際、いくつか注意すべき点があるのでご紹介させて頂きます。

 

肌の日焼けはNG

フラッシュ脱毛を行ってから数日は日焼けは避けましょう。肌が熱を持った状態になっていることから日焼けをすると炎症の原因となります。またフラッシュ脱毛に限らないのですが、かなり日焼けをしている箇所へのフラッシュ照射は行わないようにして下さい。これも同様に炎症の原因となります。

 

施術当日の入浴はNG

フラッシュ脱毛を行った当日は、ゆっくりとお風呂で湯船につかるのはNGです。理由は、フラッシュ脱毛により肌が熱を持った状態になっている為に炎症を起こす可能性がある為です。
とはいえ、身体を洗わないというわけにはいかないので、施術当日はシャワーを利用した入浴にして下さい。

 

施術後の毛抜き利用はNG

フラッシュ脱毛を行った後に、しばらくすると毛が生えてきます。当然ムダ毛なので処理したいと考えるのですが毛抜きでの処理は行わないで下さい。毛穴が広がる原因になるのことから、どうしても処理するのであればカミソリなどで剃るようにして下さい。

フラッシュ脱毛の効果について

フラッシュ脱毛は、現在エステサロンや家庭用脱毛器の多くで用いられる脱毛方法となっています。当然、脱毛効果も高くかつ痛みが非常に少ないことから多くの方が利用しているのです。

 

フラッシュ脱毛を行って1ヶ月程度は、非常に綺麗な肌でいれるのですが、人によって異なりますが早ければ1ヶ月程度で新しい毛が生えてくることから、脱毛処理は5回程度継続的に行う必要があります。

 

気になる脱毛効果については、永久脱毛を考えないのであれば十分な脱毛効果を得られる方法である為に問題ないのですが、永久脱毛を考えるのであればエステサロンや脱毛器のフラッシュ脱毛では効果は不十分だと言えます。

 

理由は、永久脱毛はそもそも医療脱毛行為とされて法律でも医療機関でのみ施術が行えると定められています。ということは、医師がいないエステサロンでは永久脱毛という表現を使用することもできないのが現状なのです。その為に永久脱毛を考えるのであれば、医療機関での施術をすることが必要になるのです。

その他の脱毛方法についてご紹介します

ニードル脱毛

ニードル脱毛は針脱毛とも呼ばれ、1本毎に脱毛を行うことが特徴です。脱毛効果は非常に高く、他の脱毛法と比べると高度な技術が必要なことから施術を行える施設は限られています。
ニードル脱毛も基本的ンは医療機関でのみ施術可能なのですが、一部エステサロンでも行うことができるようです。他の脱毛方法と比べると痛みが一番強いのが特徴で、本気で綺麗に脱毛をしたい人にはおすすめできますが、手軽に脱毛を行う技術ではないと言えます。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、一般的には医療機関のみで施術できる方法になります。ただし、一部エステサロンや家庭用脱毛器でもレーザー脱毛法があるのですが、出力レベルが全く異なる為に、脱毛効果にも違いが現れるようです。
医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素にのみ集中する波長のレーザーを照射して毛乳頭を焼くことで脱毛する方法です。基本的に永久脱毛方法と呼ばれる施術法である為に、医師に施術してもらう必要があります。エステサロン等でレーザー脱毛を行ってトラブルがあってもすぐに対処できないことから、レーザー脱毛については医療機関で行う必要があると言えます。

 

脱毛器の口コミ情報